土地分譲に伴う位置指定道路

不動産のトラブルの防止に役立つ 土地・境界に関する情報 をわかりやすく掲載します

土地・境界に関するお役立ち情報 No.30
前のページへ移動 次のページへ移動

土地分譲に伴う位置指定道路

Question

私の土地を分譲しようと思いますが、分譲するには位置指定道路が必要と役所に言われました。
位置指定道路とはどのようなものなのでしょうか。

Answer

家を建てるには接道義務と言って、建築基準法における道路に2メートル以上接している土地でなければなりません。

ここで言う「建築基準法における道路」とは次のようなものです。

  1. 国道、県道、市町村道などの道路(自動車専用道路は除く)
    建築基準法第42条第1項第1号の道路
  2. 土地計画事業、土地区画整理事業等により作られた道路建築基準法第42条第1項第2号の道路
  3. 基準日(※)以前から存在していた道路建築基準法第42条第1項第3号の道路
    ※基準日とは建築基準法が施行された昭和25年11月23日ですが、詳しくは市町村の担当課へ問い合わせて下さい。
  4. 都市計画事業、土地区画整理事業等により作られる予定のもので特定行政庁が指定した道路
    建築基準法第42条第1項第4号の道路
  5. 1〜4以外の道で特定行政庁から位置の指定を受けた道路建築基準法第42条第1項第5号の道路
    これを「位置指定道路」といいます。

位置指定道路とは、建築物を建築する時に道路が無いために建築基準法に定められた基準に基づいて新たに道路を築造し、特定行政庁(役所)から「そこに道路が確かにあります」という位置の指定を受けた「道路」を言うのです。

例えば図のような分譲では、A、B、D、を満足させる「道路」は位置指定道路以外にないのです。

説明図:位置指定道路

位置指定道路の整備基準など、詳しいことは土地家屋調査士に相談されると良いでしょう。

こちらもご覧ください:
 → 位置指定道路とは
 → 奥まった土地にも建物を建てたい→土地を分筆し道路位置指定
 → 幅員4メートルない位置指定道路

情報提供:土地家屋調査士結城輝夫事務所<宮城県仙台市>

ご相談はこちらへどうぞ

あなたの土地・建物の存する地域をお選びください。
当センターに相談窓口として登録されている土地家屋調査士事務所の中から、その地域に事務所を有する 土地家屋調査士事務所 をご紹介します。

あなたの街の土地家屋調査士 あなたの街の土地家屋調査士

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
まだ相談窓口(土地家屋調査士事務所)が登録されていない地域もございます。もしご指定の地域に登録がない場合には、近隣の相談窓口にご相談ください。

目 次