分筆登記が難しくなったのは本当か

土地や建物のトラブルの防止に役立つ その他の情報 をわかりやすく掲載します

新不動産登記法Q&A No.9
前のページへ移動 次のページへ移動

分筆登記が難しくなったのは本当か

Question

お隣の土地を一部買わせてもらうことになったので、近くの土地家屋調査士さんに相談に行ったところ、土地の分筆登記は不動産登記法の改正で手続きがちょっと複雑になったと言われてしまいました。それは本当ですか?

Answer (平成17年10月14日現在の情報です)

結論から言いますと「複雑になった」と言うより、「厳密に申請しなければならなくなった」という方が正しいようです。

不動産登記を管理している法務局サイドとしては、国民の不動産を守るためには

  1. 正確な地図の整備
  2. 土地の形の正確性を確保

の2点が必要だと考えています。

そのため、
分筆登記をする際に法務局へ提供する土地の地積測量図は、原則として分筆後の土地の全てについて

  1. 地積(土地の面積)の求積方法
  2. 筆界点間の距離
  3. 筆界点の座標値

を明らかにしなければならなくなりました。

ここでの、「全ての土地の地積を求めなければならない」という縛りがポイントになります。

もし分筆前の地積と分筆後の地積の差が誤差の限度を超えるときには、「地積の更正の登記」の申請をしてからでなければ分筆登記をすることができなくなってしまったのです。

改正前の不動産登記法では、分筆される側の土地だけ地積の求積を行い、残りの土地については、便宜上、登記簿に記載されている面積から分筆する土地の面積を差し引いて登記申請することができたので、地積更正登記をすることなく分筆登記をすることができました。

説明図:改正前後の分筆登記の違い

今回の不動産登記法の改正で地積更正登記をしなければならない可能性がでてきたことを考えると申請人への費用負担が大きくなったと言えます。

しかし、従前の方法を続けていると、分筆される側の土地は正確な地積で登記されますが、残る土地の誤差は大きくなり、全体として地図や地積測量図等の正確性が悪くなる可能性がありました。

今回の改正からは、手続き上の簡便さを求めるより

  1. 正確な地図の整備
  2. 土地の形の正確性を確保

を優先することで、
土地所有者の不動産を守り、未然に土地筆界紛争を防止しようという法務局サイドの強い意志を感じます。

「自己の不動産を守る」為の努力たるもの大変なものです。

情報提供:土地家屋調査士高野智仙事務所<福井県鯖江市>

ご相談はこちらへどうぞ

あなたの土地・建物の存する地域をお選びください。
当センターに相談窓口として登録されている土地家屋調査士事務所の中から、その地域に事務所を有する 土地家屋調査士事務所 をご紹介します。

あなたの街の土地家屋調査士 あなたの街の土地家屋調査士

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
まだ相談窓口(土地家屋調査士事務所)が登録されていない地域もございます。もしご指定の地域に登録がない場合には、近隣の相談窓口にご相談ください。

目 次

(新不動産登記法Q&A)