筆界調査委員による意見の提出とは

土地や建物のトラブルの防止に役立つ 筆界特定制度に関するQ&A を掲載します

筆界特定制度Q&A No.24
前のページへ移動 次のページへ移動

筆界調査委員による意見の提出とは

Question

筆界特定による「筆界調査委員による意見の提出」について教えて下さい。

Answer

筆界調査委員は、対象土地の筆界特定のために必要な調査を終了したときは、遅滞なく筆界特定登記官に筆界特定についての意見を提出しなければなりません。

意見書では、図面および基本三角点等に基づく測量成果の座標値等により、筆界点と認められる各点の位置を明らかにします。

具体的には、「対象土地甲と対象土地乙との筆界は、別紙図面中のA点、B点及びC点を順次結んだ線であると特定するのが相当である」などと記載することになります。

意見書に添付する図面は、地積測量図とほぼ同じ様式で作成し、筆界特定の対象となる筆界に係る筆界点の位置や、必要に応じて対象土地の区画や形状、工作物、囲障の位置、その他現地における筆界の位置を特定するために参考となる事項を記載することとされています。

筆界調査委員は、筆界特定について必要な事実の調査をするにあたって必要な専門的知識および経験を有しており、法律上定められた調査権限をもとに調査した上で意見を提出しているので、筆界特定登記官はこの意見を尊重し、これを踏まえて筆界特定をすることとされています。

また、筆界調査委員の意見に拘束力はなく、筆界特定登記官はこの意見が相当でないと判断した場合は、筆界調査委員の意見と異なる筆界特定をすることもあります。

参考資料:「筆界特定完全実務ハンドブック」弁護士鈴木仁史著日本法令

もっと詳しくお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士におたずねください。

情報提供:土地家屋調査士結城輝夫事務所<宮城県仙台市>

ご相談はこちらへどうぞ

あなたの土地・建物の存する地域をお選びください。
当センターに相談窓口として登録されている土地家屋調査士事務所の中から、その地域に事務所を有する 土地家屋調査士事務所 をご紹介します。

あなたの街の土地家屋調査士 あなたの街の土地家屋調査士

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
まだ相談窓口(土地家屋調査士事務所)が登録されていない地域もございます。もしご指定の地域に登録がない場合には、近隣の相談窓口にご相談ください。

目 次