筆界特定の申請人は誰か

土地や建物のトラブルの防止に役立つ 筆界特定制度に関するQ&A を掲載します

筆界特定制度Q&A No.3
前のページへ移動 次のページへ移動

筆界特定の申請人とは

Question

筆界特定の申請人は誰ですか?

Answer

筆界特定の申請をすることができる者は、土地の所有権登記名義人等となっています。

つまり登記されている土地ならその土地の所有者又は所有権者として名前が載っている人が申請人です。共有土地の場合は共有者全員が申請人になれることはもちろん、共有者の1人でも単独で申請人になることができます。

また、相続人も共有者の扱いと同様に申請人になることができます。

登記名義人以外が申請人となる特殊なケースもあります。

(1)地番のない土地(未登記の土地)は、その土地の所有者が申請人になります。

(2)一筆の土地の一部の所有権を取得した者

基本的に筆界特定の申請をするには、所有権登記名義人等でなければなりません。実体上の所有権を取得した者であっても、所有権移転登記を行わない限り申請することはできません。

しかしながら、一筆の土地の一部の所有権を取得した者が、所有権登記名義人になるためには、

 取得部分について分筆登記
   ↓
 取得部分を所有権移転登記

このように一筆の土地の一部について所有権移転登記する前提として、分筆登記が必須の条件となってきます。

分筆登記は分筆元地の全部について筆界確認が必要となりますので、

 筆界確認ができない
   ↓
 分筆登記ができない
   ↓
 所有権移転登記ができない
   ↓
 筆界特定の申請人になれない

ということになってしまいます。

そのような場合の救済策として、一筆の土地の一部の所有権を取得した者は、取得した原因にかかわらず筆界特定の申請人になることができることとされました。

この場合に申請できる筆界特定の範囲は分筆地のみならず残地を含めた土地の全部が対象になります。

もっと詳しくお知りになりたい場合には、お近くの土地家屋調査士におたずねください。

参考資料:法務省民事局パンフレット「筆界はどこ?」、
日本加除出版株式会社「筆界特定制度一問一答と事例解説」

情報提供:土地家屋調査士結城輝夫事務所<宮城県仙台市>

ご相談はこちらへどうぞ

あなたの土地・建物の存する地域をお選びください。
当センターに相談窓口として登録されている土地家屋調査士事務所の中から、その地域に事務所を有する 土地家屋調査士事務所 をご紹介します。

あなたの街の土地家屋調査士 あなたの街の土地家屋調査士

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
まだ相談窓口(土地家屋調査士事務所)が登録されていない地域もございます。もしご指定の地域に登録がない場合には、近隣の相談窓口にご相談ください。

目 次