• 畠中登記測量事務所 トップページ
  • お役立ち情報

お役立ち情報

土地や建物に関するトラブルの多くは、当事者がもう少し「土地や建物、境界に関する知識」を持っていれば未然に防ぐことができます。

不動産を守るために必要な役立つ情報を、専門家の立場からわかりやすい表現で提供しています。軽微なトラブルは未然に防ぐことができるよう是非参考にしてください。

無料お役立ちメール

不動産を守るために役立つ情報を、メールで配信しています。

お役立ち情報メール 申し込み・変更・解除

お役立ち情報の配信をご希望の方は、下のボタンを押してください。
(※アドレス変更や、購読解除もできます)

お役立ち情報の申し込み・変更・解除

※お役立ち情報の申し込み・変更・解除フォームには暗号化通信(SSL)を採用しております。

お役立ち情報バックナンバー

2011/10/15(土)

土地建物情報宅急便 177 「ADR境界問題相談センターとは」

土地建物情報宅急便 177 「ADR境界問題相談センターとは」

■■■ 登記の畠中「土地建物情報宅急便」177 2011.10.15 ■■■


土地家屋調査士・行政書士の畠中(はたけなか)です。
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

10月も中旬となると、夏の暑さが恋しくなります。
足冷え性の私は先日からステテコからももしきに衣変えしました。

土地の取引が多少活発になったのでしょうか?
ここ数日売買に絡む土地測量の見積を依頼されました。

「ホームページを見た」ということで、県外からの方からも割とよく電話
やメールで問い合わせ・依頼があります。ありがたいことです。

ただ電話だけでは、建物はともかく、土地の調査・測量はなかなか理解で
きないことがありますので、できるだけ資料をFAXやメールで送っても
らうようにしています。

そうすることによって、的確なアドバイスができます。
またメールでのやり取りの良い点は、保存さえきちっとしておけば過去に
遡って依頼者に何を話したのかすぐわかる点です。同じことを何度も繰り
かえしたり、言い忘れてる点もすぐわかるので、スムーズに相談や業務が
できます。


--------------------------------------------------------------

このメルマガは建築・不動産関連の方々、お役立ち情報に申し込みされた
方、名刺交換していただいた方に不動産・住宅関連のお役立ち情報及びだ
れにでもわかる登記測量の豆知識を毎月2回(1日、15日)お届けして
おります。

ご愛読いただき、お仕事に、日常の生活にちょっとでも活用していただけ
れば、幸いに思います。

もし、ご不要であれば、こちらから配信解除をお願いします。
http://www.to-ki.jp/hatakenaka/info.asp


★★★★★★★★★★★★★  News  ★★★★★★★★★★★★


1.非嫡出子の相続差別は違憲…大阪高裁で確定
http://woodycho.progoo.com/blog/entry_woodycho_5.html

2.400件を追加 太陽光発電補助 県が第3次募集
http://woodycho.progoo.com/blog/entry_woodycho_6.html

3.窓に貼るだけで発電、透明な遮熱フィルム
http://woodycho.progoo.com/blog/entry_woodycho_7.html

4.2011年度上半期の企業倒産5726件、うち3割弱が建設業
http://woodycho.progoo.com/blog/entry_woodycho_8.html

5.建築現場の違反を点検 岡山市一斉パトロール
http://woodycho.progoo.com/blog/entry_woodycho_9.html


------------------------------------------------------------------

読者の皆様からの要望にお答えし「登記・測量のQ&A」をお届けしてお
ります。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆登記・測量のQ&A 第144号
「ADR境界問題相談センターとは」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
前回は、「認定土地家屋調査士」についてADR基本法をもとに資格制度
が創設された目的と社会的な背景について概要をお話しました。

問い
------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士会には「ADR境界問題相談センター」があるそうですが、
どのような活動を行っているのでしょうか?

答え
------------------------------------------------------------------
認定土地家屋調査士は土地境界の専門家として、弁護士との共同受任によ
り境界紛争の早期解決をめざし、社会に貢献する業務を担っていることは、
前回のメルマガでもご紹介しました。

そこで「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律」(ADR法)で
は、法令で定める基準・要件を満たしている「ADR手続実施者」を法務
大臣が認証し、時効中断効等の法的効果の付与や、弁護士法第72条(非
弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)の特例を認めるなど利便性の向上を
図っています。

全国の各都道府県にある土地家屋調査士会では、この「ADR手続実施者」
の認証を受けて、境界問題相談センターが続々と誕生し活動を行っている
ところです。

各境界問題相談センターでは、メディエーションによる「人に優しい解決」
と、認証を受けることによる「手続きの厳格性」によって、安心して境界
紛争を解決できる環境づくりに努めています。

メディエーションとは、直訳すると「調停」ですが、裁判所で行われてい
る調停とは少し違い、メディエーターと呼ばれる中立的な第三者が交通整
理のような役割を担います。

そして当事者の話を整理しながら、解決策を当事者の中から導き出すとい
うトラブルの解決方法をめざします。

土地の境界に関する問題が発生し、当事者同士の話し合いがうまく行かな
いときは、裁判所だけではなく境界問題相談センターという「民間のAD
R機関」にご相談いただければ、仲介役となって紛争解決のお手伝いをす
るというのが「境界問題相談センター」です。

実際には「土地の境界に関する専門家である土地家屋調査士と法律の専門
家である弁護士が、チームを組んで境界紛争解決のお手伝いをする。」と
いうものです。

※ここで言う「境界問題相談センター」は総称であって、各土地家屋調査
士会により呼称は異なります。

「境界問題相談センター」の設置状況はこちらをご覧下さい。
http://www.chosashi.or.jp/adr/index.html

次回は「境界問題相談センターと裁判所の解決の違いとは」についてです。


どのような内容なのか、楽しみにお待ち下さい。



------------------------------------------------------------------

当事務所は登記・測量の無料相談はもちろんのこと、登記・測量が伴わな
い登記調査・現地調査も行っております。
売買予定地の要約書・公図・地積測量図等の請求、登記・現地での問題点
の調査等面倒なことも手掛けております。

また、隣地所有者から境界確認の立会要請された場合に、いっしょに立会
をしたり、アドバイスを行ったりということもお引き受けいたします。

業務内容は下記をご覧ください。 
http://www.to-ki.jp/center/chosashi/gyomu.asp

報酬額の目安は下記をご覧ください。 
http://www.geocities.jp/woodychosashi/housyumeyasu.html

何かございましたら、何なりとご相談ください。よろしくお願い致します。


┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

┏━━━┓土地を識り、人と社会につくす地識人 
┃\_/┃境界測量・建物登記 畠中登記測量事務所 
┗━━━┛土地家屋調査士・行政書士 畠 中 秋 夫
■ E-mail hatakenaka@to-ki.jp
■ URL http://www.to-ki.jp/hatakenaka/ 
     http://www.geocities.jp/woodychosashi/

バックナンバーリスト

2011/11/15(火) 土地建物情報宅急便 179 「区分建物とは」
2011/11/01(火) 土地建物情報宅急便 178「境界問題相談センターと裁判所の解決の違いとは」
2011/10/15(土) 土地建物情報宅急便 177 「ADR境界問題相談センターとは」
2011/10/02(日) 土地建物情報宅急便 176 「認定土地家屋調査士とは」
2011/09/15(木) 土地建物情報宅急便 175 「土地家屋調査士とは」
2011/09/03(土) 土地建物情報宅急便 174 「位置指定道路とは」
2011/08/15(月) 土地建物情報宅急便 173 「幅員3メートルの市道、道路後退必要か」
2011/08/02(火) 土地建物情報宅急便 172 「雑種地とは・宅地への変更可能か」
2011/07/15(金) 土地建物情報宅急便 171 「分譲マンションの土地の持分は」
2011/07/01(金) 土地建物情報宅急便 170 「ビニールハウスは登記できるか」
2011/06/16(木) 土地建物情報宅急便 169 「傾斜地がある土地の境界線はどこか」
2011/06/01(水) 土地建物情報宅急便 168 「二世帯住宅の建物登記」について
2011/05/15(日) 土地建物情報宅急便 167 「道路対向地でも境界立会が必要か」について
2011/05/01(日) 土地建物情報宅急便 166 「境界立会への協力は必要なのか」について
2011/04/15(金) 土地建物情報宅急便 165 「保留地とは何か」について
2011/04/01(金) 土地建物情報宅急便 164 「土地を分割して相続させたい」
2011/03/17(木) 「愛と死の境界線」の1週間延期のお知らせ
2011/03/15(火) 土地建物情報宅急便 163 「土地を分割して相続させたい」
2011/03/01(火) 土地建物情報宅急便 162 「土地の境界石は信頼できるか」
2011/02/15(火) 土地建物情報宅急便 161 「通行地役権を設定したい」について

総数:480件 (全24頁)

前20件 |<< 13 14 15 16 17 18 19 >>| 次20件

ご相談・お問い合せはこちら

新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問や、測量に関するご質問にお答えします。また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL.086-272-3308

受付時間 :9:00 〜 21:00(毎日)

お問合せ・ご相談の窓口はこちら