相続税を土地で物納したい

【主な業務地域】 つくば市、土浦市、牛久市、守谷市、龍ケ崎市、取手市、稲敷市、かすみがうら市、石岡市、小美玉市、水戸市、下妻市、常総市、筑西市、阿見町、美浦村等を中心とした茨城県内及び近隣県(東京都・千葉県・埼玉県・栃木県)

相続税を土地で物納したい

相続手続きにおいて、測量が活用される場合は大変多くあります。

遺産分割により、1つの土地を分割し、相続人のそれぞれが土地を単有で所有する場合、分筆登記が必要になります。

また、相続税の納付を現金以外の不動産等で納める物納をする場合にも、境界確認等の測量が必要になります。

相続税の申告、納付には10ヶ月の期間が定められている関係上、突然起こった相続で、10ヶ月以内に土地を売却して現金納付をすることは、なかなか大変なことです。

よって、相続税の納付に土地を物納する方が増えています。

土地の物納手続きに必要な書類の中で、重要なのが「境界線に関する確認書」というものです。
隣接所有者全員から境界について確認していただき、署名・捺印をしていただかなければなりません。

このように、相続の場合でも、測量が必要になる場合が多数あるのです。

ご相談・お問い合せはこちら

新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問や、測量に関するご質問にお答えします。また、固定資産税を払いすぎているかもしれないとお感じの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL.029-824-9731

受付時間 :8:30 〜 18:30 (土日祝祭日除く)

お問合せ・ご相談の窓口はこちら